ホーム > 患者向けトップ > レブラミドについて > 治療開始にあたって

治療開始にあたって

レブラミド治療が対象となる方

多発性骨髄腫で治療が必要な方が対象となります。

レブラミド治療が受けられない方

以下の患者さんはレブラミド治療を受けることができません。

  • 妊婦、妊娠している可能性のある女性
  • レブラミドの適正管理手順(レブメイト)を守れない方
  • レブラミドの成分にアレルギーのある方

レブラミド治療に際して注意が必要な方

レブラミド治療により、副作用があらわれやすかったり、その程度が強くなるなどの危険性があるため、以下の患者さんはレブラミドの選択や治療を慎重に行わなければなりません。

  • 腎臓の機能が低下している方
  • 深部静脈血栓症[しんぶじょうみゃくけっせんしょう]を起こしやすい方
    (血栓ができやすいなど)
  • 造血の機能が著しく低下している方
  • 高齢の方
  • サリドマイドを服用した時に重篤[じゅうとく]な過敏症(発疹[ほっしん]など)が出た方

その他の注意

  • レブラミドを投与された多発性骨髄腫の患者さんで、他の悪性腫瘍[あくせいしゅよう]が発現したとの報告があります。心配なことがありましたら、主治医にご相談ください。
  • B型肝炎にかかっている方、かかったことのある方は、あらかじめそのことを主治医にお伝えください。
  • 患者向けトップ
  • レブラミドについて
    • 治療開始にあたって
    • レブラミドのはたらき
    • おもな副作用
    • くすりの飲み方と注意点
    • 患者さん向け資料
  • 多発性骨髄腫とは
  • レブメイト
  • よくある質問
  • 高額療養費制度を知っていますか?
  • 処方可能施設

お薬の扱い方について 患者さん、ご家族の方、介護の携わる方へ

レブラミドに関するお問い合わせ
おくすり相談室
当社は日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています 会員会社くすり相談窓口のポリシー
RevMateに関するお問い合わせ
RevMateセンター

↑ ページトップへ