ホーム > 患者向けトップ > レブラミドについて > くすりの飲み方と注意点

くすりの飲み方と注意点

レブラミドは1日1回飲むお薬です

  • レブラミドは、1日1回、時間を決めて、主治医から指示されたお薬のカプセルをコップ1杯程度の水またはぬるま湯で飲んでください。
  • お薬はシートから取り出し、噛まずにそのまま飲んでください。
  • カプセルを開けてはいけません。

レブラミドは患者さん以外の人が服用しないように厳重に管理してください

  • 保管には十分に注意し、紛失しないようにしてください(紛失した場合には、必ず医師及び薬剤師に届け出てください)。
  • 子供や患者さん以外の人が誤って飲まないように、きちんと保管してください。
  • お薬は、飲む直前までPTPシートから取り出さずに、直射日光と湿気を避けて室温(1〜30℃)で保管してください。
  • 飲み残したレブラミドの種類と数を、次回の診察時に主治医に伝えてください。
  • 管理のためにレブメイトキットをご用意しています。ご活用ください。

28日間を1サイクルとしてくり返します

通常レブラミドは、1日1回21日間服用した後、7日間お休み(休薬)します。この28日間を1サイクルとしてくり返します。

服用する量は、カプセルの種類や数などで調節します

  • レブラミドはカプセル剤で、服用量の増減はカプセルの種類や数、服用間隔で調整します。
  • お薬の服用をお休みすることもあります。
  • 飲み方については、治療の途中で変更になることがありますので、主治医の指示に従ってください。

主治医から処方された以外のお薬を飲む時は相談してください

他の病院で出されたお薬や薬局で購入したお薬を一緒に服用すると、レブラミドやそのお薬の作用に影響する(作用が増強したり、減弱するなど)場合がありますので、必ず医師、薬剤師などに相談してください。

  • 患者向けトップ
  • レブラミドについて
    • 治療開始にあたって
    • レブラミドのはたらき
    • おもな副作用
    • くすりの飲み方と注意点
    • 患者さん向け資料
  • 多発性骨髄腫とは
  • レブメイト
  • よくある質問
  • 高額療養費制度を知っていますか?
  • 処方可能施設

お薬の扱い方について 患者さん、ご家族の方、介護の携わる方へ

レブラミドに関するお問い合わせ
おくすり相談室
当社は日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています 会員会社くすり相談窓口のポリシー
RevMateに関するお問い合わせ
RevMateセンター

↑ ページトップへ