ホーム > 医療関係者向けトップ > 多発性骨髄腫早期発見の為のポイント-整形外科で遭遇する多発性骨髄腫-

多発性骨髄腫早期発見の為のポイント
-整形外科で遭遇する多発性骨髄腫-

多発性骨髄腫は、腰痛を主訴とする患者さんが多いため、初期の段階では整形外科を受診される患者さんが多いと思われます。腰痛の治療をされていて、改善が乏しい場合には多発性骨髄腫が疑われる患者さんがいるかもしれません。本コンテンツでは、多発性骨髄腫早期発見の為のポイント、また実際に多発性骨髄腫が腰痛の原因であった患者さんの画像所見も提示して分かり易く紹介しています。

  • 医療従事者向けホーム
  • 製品基本情報
  • 製品安全性情報
  • 医薬品リスク管理計画(RMP)
  • 特定使用成績調査等の情報
  • 処方可能施設
  • 更新情報
  • 学会情報
  • 学術情報

介護に携わる方へ

レブラミドカプセルの取り扱い上のご注意 医療関係者の皆さまへ

レブラミドに関するお問い合わせ
おくすり相談室
当社は日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています 会員会社くすり相談窓口のポリシー
RevMateに関するお問い合わせ
RevMateセンター
  • 抗造血器悪性腫瘍剤 ポマリスト
  • 副腎皮質ホルモン製剤 レナデックス
  • 多発性骨髄腫早期発見の為のポイント

↑ ページトップへ