レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

介護に携わる方へ:レブラミドの管理に関するお願い

レブラミドカプセル(一般名:レナリドミド水和物)は、サリドマイド誘導体です。
ヒトでの催奇形性の可能性があるため特別な管理(レブメイト)が必要です。紛失しないようにきちんと管理してください。

※催奇形性:お腹の赤ちゃん(胎児)に重大な障害を及ぼす作用

レブラミドについて

  • 動物実験で催奇形性が報告されています。
    ヒトに対しても同じ作用があらわれる可能性があります。
  • 「レブメイト」という適正管理手順に則り、厳重な管理をする必要があります。
  • レブラミドを服用される患者さん、ご家族の方、医師、薬剤師をはじめとする医療関係者など、レブラミド治療にかかわるすべての方に、この手順を守っていただく必要があります。

患者さん・ご家族の皆さまへ レブメイト レブラミド®︎ポマリスト®︎適正管理手順 外部サイト「レブメイト(https://www.revmate-japan.jp/patient/)へ移動します」

このページの先頭へ戻る