レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

濾胞性リンパ腫・辺縁帯リンパ腫に対する作用

レブラミドはさまざまな作用でリンパ腫細胞を減少させます

レブラミドは、免疫調節薬(IMiDsイミッズ)という種類のお薬のひとつです。レブラミドは、リツキシマブと併用することで、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞を攻撃する細胞のはたらきを助ける作用によりがん細胞を減少させ、濾胞性リンパ腫、辺縁帯リンパ腫の進行を抑えます。

*:抗体医薬品の注射剤

このページの先頭へ戻る