レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

医療費について

医療機関や薬局の窓口で支払った額※1が一定額(自己負担限度額)を超えた場合に、加入している健康保険※2に申請することで、その超えた金額が払い戻される制度(高額療養費制度)があります。レブラミドによる治療においても、この制度を活用することで、費用負担を軽くすることができます。なお、申請先や申請方法は加入している健康保険によって異なりますので、詳しくはご加入の健康保険(保険証参照)にお問い合わせください。

患者さん向けに以下の冊子をご用意しております。
ご希望の方はおかかりの先生にご相談ください。

冊子「高額療養費制度を知っていますか?」

冊子「高額療養費制度を知っていますか?」

本冊子では、高額療養費制度についてご紹介しています。

下記のサイトもあわせてご覧ください。
厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」 外部サイトリンク

※1:
入院時の食事代や差額ベッド代などは含みません。また、自己負担額は同一月(1日~末日)ごとに、同一世帯であってもひとりずつ、医療機関ごとに算出します。
※2:
高額療養費制度が適用される公的医療保険(以下「健康保険」とする)には、健康保険組合(組合管掌健康保険)、協会けんぽ(全国健康保険協会)、船員保険、共済組合、国民健康保険、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)があります。

このページの先頭へ戻る