レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

検査と診断について

Q5 辺縁帯リンパ腫の診断ではどのような検査が行われますか?

悪性リンパ腫には非常に多くのタイプがあり、各々のタイプで治療法が異なるため、多くの検査を行いながら診断されます。病理診断では、腫れているリンパ節や病変の一部を採取して顕微鏡けんびきょうで調べ、辺縁帯リンパ腫であるかを最終的に判断します。
辺縁帯リンパ腫の診断後は、病気の広がり(ステージ)を画像検査、骨髄検査などで調べ、ステージ分類を行います。

診断前に行う検査

基本的な検査

検査法 確認する項目
問診もんしん触診しょくしん

リンパ節の腫れやその他の症状について調べます。

血液検査けつえきけんさ
ウイルス検査けんさ

以下の項目から、血液や臓器の状態、また感染しているかどうかを調べます。

  • 血液細胞(赤血球、白血球、血小板、リンパ球)の数
  • 腎臓や肝臓などの機能
  • 乳酸脱水素酵素にゅうさんだっすいそこうそ(LDH)値、可溶性かようせいインターロイキン2受容体じゅようたいの値(値が上昇すると辺縁帯リンパ腫などの悪性リンパ腫を考える指標になります)
  • ウイルス感染症やウイルスが原因となるリンパ節の腫れとの鑑別など

専門的な検査

検査法 確認する項目
病理検査びょうりけんさ

リンパ節生検せつせいけん

  • 腫れているリンパ節や病変の一部を採取し、異常な細胞がないか、顕微鏡などで観察します。

免疫学的検査めんえきがくてきけんさ遺伝子検査いでんしけんさ

  • リンパ節生検で採取した細胞が、病気に特徴的なタンパク質や遺伝子をもっていないかを確認します。

診断後に行う検査

検査法 確認する項目
画像検査がぞうけんさ

CT検査またはPET-CT検査などにより、リンパ節の腫れ、病変の全身的な広がりや内部の病変の有無について確認します。

骨髄検査こつずいけんさ

骨髄に病気が広がっていないかを確認します。

Q6 辺縁帯リンパ腫にはどのような種類がありますか?

辺縁帯リンパ腫は「MALTまるとリンパしゅ」「脾辺縁帯ひへんえんたいリンパしゅ」「節性辺縁帯せつせいへんえんたいリンパしゅ」に分けられます。それぞれの病型の特徴は以下のとおりです。

MALTまるとリンパしゅ

代表的なものとして、辺縁帯リンパ腫のうちリンパ節以外に発症するものをいいます。
胃MALTリンパ腫や皮膚MALTリンパ腫があります。胃MALTリンパ腫ではピロリ菌の感染が原因になる場合もあり、ピロリ菌の検査を同時に行います。

脾辺縁帯ひへんえんたいリンパしゅ

辺縁帯リンパ腫のうち、脾臓に発症するものをいいます。
脾臓が腫れ、血球が少なくなることがあります。またC型肝炎を合併することがあります。

節性辺縁帯せつせいへんえんたいリンパしゅ

辺縁帯リンパ腫のうちリンパ節に発症するものをいいます。
極めてまれな病型です。

Q7 辺縁帯リンパ腫のステージとは何ですか?

画像検査や骨髄検査などを行い、病気の広がり(ステージ)を正確に把握し、ステージ分類を行いますが、辺縁帯リンパ腫の場合、以下の分類を用い、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期の4つに分類します。また、Ⅰ、Ⅱ期を限局期げんきょくき、Ⅲ、Ⅳ期を進行期しんこうきといいます。限局期や進行期などの分類によって治療法が異なります。

ステージ分類

Carbone PP, et al:Cancer Res. 1971;31:1860-1861.より作成

このページの先頭へ戻る