レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

ご家族の方へ:レブラミドについて

レブラミドは、ご家族の方など患者さんにかかわるすべての方に適正管理手順「レブメイト」を守っていただく必要があります。
患者さん自身でのお薬の管理が難しい場合は、ご家族の方も「薬剤管理者」としてご登録いただき、お薬の管理を行っていただきます。

レブラミドについて

  • 妊娠カニクイザルを用いた試験で、催奇形性が報告されています。
    ヒトに対しても同じ作用があらわれる可能性があります。
  • 「レブメイト」という適正管理手順に則り、厳重なお薬の管理をすることが定められています。

※催奇形性:お腹の赤ちゃん(胎児)に重大な障害を及ぼす作用

患者さん・ご家族の皆さまへ レブメイト レブラミド®︎ポマリスト®︎適正管理手順 外部サイト「レブメイト(https://www.revmate-japan.jp/patient/)へ移動します」

患者さん用小冊子

患者さん向けに以下の小冊子をご用意しております。
ご希望の方は主治医の先生にご相談ください。
本サイトの一部では、本小冊子の内容を紹介しています。

知っていますか?濾胞性リンパ腫

知っていますか?辺縁帯リンパ腫

濾胞性リンパ腫(FL)及び辺縁帯リンパ腫(MZL)の治療日記

このページの先頭へ戻る