レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

骨髄異形成症候群に対する作用

レブラミドはさまざまな作用で血球減少や染色体異常を改善します

レブラミドは、免疫調節薬(IMiDsイミッズ)という種類のお薬です。レブラミドは、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞を攻撃する細胞のはたらきを助けたり、がん細胞に栄養を与える新しい血管をつくらせないようにするなど、さまざまな作用が総合的にはたらいて、造血幹細胞(血液細胞をつくる細胞)の染色体異常を改善したり、減少した血液細胞を増やします。

このページの先頭へ戻る