レブラミドを服用される
患者さん・ご家族の皆さま

副作用

症状があらわれたら、主治医、薬剤師、看護師に連絡してください

レブラミド治療による副作用があらわれた際には、次のような症状がみられることがあります。副作用は早めに対応することが大切ですので、あらかじめ、その症状を理解しておきましょう。

発熱、さむけ
好中球の減少、白血球の減少、感染症
歯ぐきの出血、鼻血、青あざが出やすい
血小板の減少
めまい、体がだるい、動悸どうき、息切れ
貧血
お腹がごろごろする、お腹が張る
便秘べんぴ、下痢、腹痛
皮膚のかゆみ、じんましん
過敏症、発疹ほっしん
疲れやすい、だるい
疲労
目がかすむ、視力低下、光がまぶしい
白内障

その他、レブラミド治療により、以下のような重大な副作用があらわれる可能性があります。これらの副作用は、重症化する前に対応することが大切です。症状があらわれたら、次の診察日を待たず、主治医、薬剤師、看護師に連絡してください。

激しい足の痛み、しびれ、急激な足のむくみ
※片足だけにみられることが多い
深部静脈血栓症しんぶじょうみゃくけっせんしょう
突然の息切れ、胸の痛み
肺塞栓症はいそくせんしょう
発熱を伴う発疹ほっしん、水ぶくれ、皮膚がはがれ落ちる
重篤じゅうとくな皮膚障害
全身のむくみ、尿が出ない
腫瘍崩壊症候群しゅようほうかいしょうこうぐん、重篤な腎障害
息苦しい、から咳
間質性肺疾患
胸の痛み、息切れ、動悸どうき
心筋梗塞しんきんこうそく、心不全、不整脈
手足のしびれ、痛み
末梢神経障害
だるい、寒がり、動作が遅い
甲状腺機能低下症
吐き気、嘔吐、激しい腹痛
消化管穿孔せんこう
立ちくらみ、めまい
起立性低血圧
手足や体の硬直、ふるえ、意識の低下
痙攣けいれん
片側まひ、頭痛、しゃべりにくい、意識の低下
脳梗塞、一過性脳虚血発作
皮膚が黄色、吐き気、だるい
肝機能障害、黄疸、B型肝炎ウイルスの再活性化
意識の低下、しゃべりにくい、物忘れをする、手足のまひ
進行性多巣性白質脳症
唇・まぶた・舌・口の中・顔・首が急に腫れる、息苦しい、じんましん
アナフィラキシー、血管浮腫

このページの先頭へ戻る